13口のおじぞうさん(田邊道西脇口じぞう)

d0053129_20003284.jpg
d0053129_20010120.jpg

「田邊道西脇口じぞう」さん、です。

ひらのは戦国時代に発展した環濠自治都市です。
このお地蔵さんのいてはる新町筋もやっぱり「かくっ」と曲がってます。平野郷の中心を通る道で道幅も広く今でも昔ながらの大きなお屋敷やお寺さんがたくさんあります。夏祭りの時には御神燈がたくさん並びます。
お地蔵さんは周りに小さいお地蔵さんがいてはって、ぎやかな感じです。

d0053129_20014764.jpg
d0053129_20020204.jpg
d0053129_20022466.jpg


[PR]
# by galette1 | 2018-09-22 20:02 | ひらの郷 | Trackback | Comments(0)

13口のおじぞうさん(小馬場口じぞう)


d0053129_21432379.jpg
d0053129_21443241.jpg

「小馬場口じぞう」さん、です。

ひらのは戦国時代に発展した環濠自治都市です。外から町中の様子が伺うことが出来ず、攻め込みにくいように入口に通じる道は狭く、カギ型に曲げてありました。そんな理由でお地蔵さんの前の道はたいがい狭くて曲がっています。(町の発展とともに、曲がり部分も含めて広い道になったところもあります)

「小馬場口じぞう」は、大念仏寺の南側、住宅の中にひょっこりとおられます。



d0053129_21433040.jpg
d0053129_21444547.jpg
d0053129_21431360.jpg



[PR]
# by galette1 | 2018-09-16 21:45 | ひらの郷 | Trackback | Comments(0)

赤ワインガレットを伝統菓子として育て、ファンと共に地元大阪を盛り上げたい!

「赤ワインガレットを伝統菓子として育て、ファンと共に地元大阪を盛り上げたい!」
ガレット初のクラウドファンディング本日公開になりました!

d0053129_17324673.jpg
で、そもそもクラウドファンディングって…?フラウドファンディングにはいろいろあって、大きく「社会貢献型」「地域活性型」「ベンチャー開業型」「ものつくり型」に分けられます。今回のガレットはこの「地域活性型」です。起案者の想いに賛同してもらい、出資していただく。起案者はその出資金をもとにプロジェクトを遂行します。そして返礼品をお渡しするタイプになります。
 大阪発のガレットブルトンヌ(赤ワインガレット)をたくさんの人に届けたくて、知ってほしくて
そのために、賛同いただいたお礼には、いろんな特別やいろんなお得を用意しました。
柏原の「カタシモワイナリー」さんの全面協力をいただいた特別企画になります。
https://faavo.jp/osaka/project/2914#pj-single-nav



[PR]
# by galette1 | 2018-09-11 15:03 | Trackback | Comments(0)

赤ワイン・ガレットブルトンヌ


「赤ワインガレットを伝統菓子として育て、ファンと共に地元大阪を盛り上げたい!」
ガレット初のクラウドファンディングが9月11日(火)に公開になります。
柏原の「カタシモワイナリー」さんの全面協力をいただいた特別企画です。
一足お先にイメージ動画公開です。

[PR]
# by galette1 | 2018-09-08 07:44 | ガレットブルトンヌ | Trackback | Comments(0)

ついついひらの 第51回 2018/9/1 

d0053129_07432709.jpg
d0053129_07433742.jpg
コンベルサシオン
サクサクパイとしっとりダマンド、ぱりぱりグラスロワイヤル。

カロリーの事なんか気にせず食べて、フランスのお菓子文化の奥深さが垣間見られるようで、ホンマに美味しいと思う
by チーフ


パティスリーガレット 大阪平野区です。

9月のついついは「コンベルサシオン」です。
パイ生地でクレームダマンドを包んで、グラスロワイヤルを塗って焼き上げます。中に洋ナシのコンポートを詰めました。
サクサクのパイ生地とカリカリのグラス、しっとりダマンドに洋ナシの果汁がしみて…

コンベルサシオン(conversation)は、フランス語で『会話・おしゃべり』という意味があります。
コンベルサシオンを食べながら楽しいおしゃべりに花を咲かせてみませんか?
一個420円です。

d0053129_07510007.jpg
d0053129_07513619.jpg




[PR]
# by galette1 | 2018-09-02 07:57 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

13口のおじぞうさん(馬場口じぞう)

d0053129_07590376.jpg
d0053129_07591580.jpg

「馬場口じぞう」さん、です。

ひらのは戦国時代に発達した環濠都市です。敵から守るために町の周りを堀で囲みました。堀にかかった橋が13喬、つまり入り口が13口ありました。なので、そこに祀られている地蔵さんも13体なのです。

「馬場口じぞう」さんは、大念仏寺の山門を下ったところにあります。

d0053129_21463777.jpg
d0053129_21464823.jpg
d0053129_21470496.jpg


[PR]
# by galette1 | 2018-08-26 08:01 | ひらの郷 | Trackback | Comments(0)

ガレット通信 VOL.5「ついついひらの」

d0053129_17293374.jpg
「ついついひらの」
こんにちは!ガレットの販売責任者、スマイルメッセンジャーの久保正子です。海に山に川にプールに花火に甲子園にひまわり、そして夏休み~!ちょっと最近の夏は暑すぎるけど、夏生まれの私は、やっぱり夏はワクワクするから大好きです(*^-^*)みなさん、熱中症にはくれぐれも気を付けて、今年の夏もenjoy!!しましょうね!
 さて、「毎月ついたち」と言えば!「ついついひらの」開催日。“ひらのでついついお買い物!”の日ですねっ(^^♪おかげ様でこの8月1日に第50回を迎えることが出来ました!はじまりは、チーフとアップルの発音の青木さんの「平野で何かしたいね~」という話から。「ついついひらの」というネーミングは、青木さんの奥様でイラストレーターのつき山いくよさんの“ひらめき”で決まりました。そして、ロゴマークも描いてくれました(*^-^*) 
d0053129_20273499.jpg

当時一緒にSNSの勉強会をしていた店舗に声掛けをして8店舗から始めました。少しずつ、近隣の店舗の方や紹介で、今では倍の16店舗になりました。普段も頑張っている各店舗ですが、この「ついついひらの」の日はその日だけの特別な商品ということで、さらに力が入ります。本当は毎日出したいけれど手がかかりすぎて出来ないものや、懐かしの人気商品をもう一度、お客様のリクエストなど(あっ!ガレットの場合は、私が食べたいものも!(笑))一か月半前にメニューを決めて、ちらし作り、そして、試作、ついたちの本番!毎月、このついたちを中心に回っています。そんな「ついついひらの」ですが、ついたちに、たくさんの袋を手にして、ニコニコで来てくださるお客様とのおしゃべりにとても元気をもらっています!それから私も“ついひら”めぐり♪楽しんでます!(ごはん、作らなくていいし!)これからも100回、150回・・・・とずっと続けていけるように頑張りますので、応援して下ださいね!!
「編集後記」
私たちの間ではこの「ついついひらの」のことを「ついつい」って呼んでいました。お客様から「ついひら」って言われて、“キムタク”みたいでかっこいい!そして、新たに「つい活!」。もう、皆さんに愛して頂いて、本当にうれしいです♡「こんなのやって~」みたいなものがあれば、各店舗へどしどしご意見ください(^^)/これからも平野の皆さんが喜んでいただけること、たくさん実践していきます!お楽しみに~(*^-^*)

[PR]
# by galette1 | 2018-08-10 17:38 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)

13口のおじぞうさん(流口じぞう)

d0053129_07543877.jpg
d0053129_21482556.jpg

「流口じぞう」さん、です。

ひらのにはお地蔵さんがたくさんおられます。
戦国時代、平野が環濠都市だった頃、町の入り口を守っていてくれたお地蔵さん。入り口が13ヶ所あったので、入り口のお地蔵さんも13体(でも今は12体)もちろんそれ以外にもたくさんおられます。
「流口じぞう」は、ガレットから一番近いところ、徒歩30秒(近っ!)にいてはるお地蔵さんです。

d0053129_21483491.jpg
d0053129_21484206.jpg
d0053129_21490934.jpg


[PR]
# by galette1 | 2018-07-26 07:55 | ひらの郷 | Trackback | Comments(0)

ガレット通信 VOL.4「平野郷なつまつり」

d0053129_14301983.jpg
「夏まつり」
こんにちは!ガレットの販売責任者・スマイルメッセンジャーの久保正子です。7月に入り、いよいよ夏本番。しっかり食べて寝て、暑さに負けずに楽しい夏を過ごしましょう! さて、7月と言えば…、そうです!ここ平野では「杭全神社平野郷夏まつり」が開催されます。赤ちゃんからお年寄りまで町中が楽しんでいる“だんじり祭り”。江戸時代から300年続くこのお祭りを少し紐解いてみましょう!なんと始まりは平安時代。坂上田村麿の子、廣野麿が祇園社を創建し、悪疫や天災を鎮めるために祇園会が始まったそうです。次第に祭礼として形を整え賑わいを見せるようになり、江戸時代中期に神輿、布団太鼓、だんじりを出し物とする現在の形になったそうです。(杭全神社HPより)毎年7月11日から14日までの4日間行われる夏まつり!11日は神輿と太鼓台の足洗神事、12日は南港通りに九町のだんじりが全て揃う九町合同曳行、13日は各町だんじりの宮入、14日は神輿と太鼓台の宮入があります。毎年30万人を超える人で賑わう「杭全神社平野郷夏まつり」。今年もご安全によいお祭りになりますように!
 そして、ガレットの軒先には前日から5日間、毎年「御神灯」が吊るされます。御神燈は、ご先祖様に迷わず帰って来ていただく為の道標なのです。夜になると御神灯に灯りが点りなんとも風情があります。御神灯の似合うケーキ屋さん!インスタ映えまちがえなし(笑)。また、ガレットの代表窯番の久保徹也は「赤提灯」という世話役を仰せつかっております。毎年「たいへん、たいへん!」と言いながら、打ち合わせをしている世話人さんたちは、みんな嬉しそう(*^-^*)。ガレットにはこの時期、いつもにも増してニコニコしている大人たちが集まってきます。お祭り本番はお店は私たちガールズがお店番してます(^^)/ 涼みに来てくださいね~(^_-)-☆
 
「編集後記」
7月31日と8月1日の二日間は「三十歩子供まつり」があります!将来の平野のお祭りをしょって立つ子供たち。どんなに小さな子でも、お兄さんたちのように、かっこよく法被を着こなして、うちわを持って「よい~よい~」と踊る姿はたまらなくかわいい♡です。 さあ、みなさん夏が来ましたよ!熱中症にはくれぐれも気を付けて、夏の思い出たくさん作りましょう~(^^)/

[PR]
# by galette1 | 2018-07-08 14:34 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)

何でこのタイミングですか~!

今朝、いつものように朝礼が終わり、いつものようにベンチを表に出して、いつものようにお店のクーラーを入れて、いつものようにショーケースの電源を入れて、いつものように開店準備を進めていたら、「ピピピピッッ****!!」とショーケースから突然のアラーム音が!
慌てて行ってみると、お店が暑い!梅雨時のグアム(行ったこと無いけど)並に熱い!!
お店のクーラーが止まってました(泣)
エラーメッセージに従いHPで確認、どうやら室外機に問題あり。とりあえず見に行くと埃がいっぱいなのでホースつないで大掃除。「よろしく頼みます」と電源再投入。またしてもエラー… 。DAIKINさんに連絡→今日中に行きます→扇風機で工場からお店に冷気を送る→外よりは少しだけ温度が低い店内→夕方サービスの方が到着→基盤交換→あっけなく復旧(所要時間1時間)
手持ちの基盤があるわけではなく、エラーコードから故障箇所を推測して、事前に部品をセンターまで取りに行って、修理にかかってくれてたのでした。「一回の訪問で直せるに越したことは無いし、お客さんも困ってはるし。修理箇所が的中して良かったです。」と技術屋魂を見せつけられました。
d0053129_19110959.jpg
ちなみに、ガレットのバックヤードはこんな感じです。クーラーが2台、プレハブ冷蔵庫と冷凍庫、どれもつぶれんと頑張ってや~!




[PR]
# by galette1 | 2018-07-03 19:36 | ガレットブルトンヌ屋さんの日常 | Trackback(359) | Comments(0)

ガレットブルトンヌ・パイン

d0053129_13053804.jpg
季節限定のガレットブルトンヌが「パイン」になりました。
パイナップルの美味しさをギュ~ッと凝縮した、フィリピンの高地で生産されているハイランド種のセミドライパインを使っています。
口に馴染む中くらいの大きさに切り揃えることで、ガレットブルトンヌの生地に負けないパイン感になりました
一口食べると南の島から風が吹いてきますよ~(笑)
今年の夏は「ガレットブルトンヌ・パイン」です!


[PR]
# by galette1 | 2018-06-29 13:10 | ガレットブルトンヌ | Trackback(214) | Comments(0)

大きい「ガレットブルトンヌ」

d0053129_19364657.jpg
パティスリーガレットには4種類の大きさの焼きっぱなしの「ガレットブルトンヌ」が並んでいます。
6cm、8cm,12cm,15cmです。
なんでそんな色々?
実は大きさによって味が違うんです!
生地が同じなのにです。
「ガレットブルトンヌ」は厚焼きクッキーです。
そのため外はザクザク、中はしっとりと焼き上がります。
当然大きいものの中はきっちりしっとり、小さいものはほとんどザクザク
ほんまですよ~

一番大きいi15cmはかわいい進物箱に入ります
もちろんご自宅用にもおすすめです(笑)
さああなたの好きな「ガレットブルトンヌ」は何cmですか?





[PR]
# by galette1 | 2018-06-21 19:48 | ガレットブルトンヌ | Trackback(189) | Comments(0)

ガレット通信 VOL.3「ロゴマーク」

d0053129_20412122.jpg
「ロゴマーク」
 こんにちは!ガレットの販売責任者スマイルメッセンジャーの久保正子です。ガレット通信も早、第3号となりました。皆さんも4月からの新生活にもそろそろ慣れてきた頃でしょうか?!梅雨のうっとうしさに負けずに、気分はさわやかにまいりましょう!
 さて、今月はガレットのロゴマークについて、お話ししたいと思います(*^^*) 紺色をバックにしゅっとしてる(笑) ガレットのロゴ。14年前の開店当初からのものです。もう覚えてくださっている方も多いかと思います!当時某大手銀行のキャッシュカードのデザインなんかも手掛けていらしたデザイナーさんを友人から紹介していただき、50くらいの案の中からこのロゴを決めました。紺色は、またまたチーフの一番好きな色。コンセプトカラーになります。ガレットといえば、紺色!「紺色のケーキ屋さん(^^♪)」と覚えてくださったお客様も多かったです。そして、宙に浮かぶメロンパン!じゃなくて“ガレット”マーク。この、ガレットマークも私たち、とても気に入っていて、ショップカードや名刺はもちろん、ポイントカードのハンコになったり、紙袋に大きく印刷したりと大活躍しています。そしてここからが本題。ロゴマークをよーく見てくださいね!右下に「HIRANO」と入っています。「支店があるんですか?」と尋ねられたこともありましたが、そうではありません。“ひらの”生まれ“ひらの”育ちのチーフが“ひらの”にこだわり“ひらの”のケーキ屋さんとして“ひらの”から発信したくて入れてもらったものなんです。“ひらの”の人に自慢してもらえるお店になれるように、という願いがこもっています!次にロゴマークを見るときは、右下のちっちゃい「HIRANO」の文字に注目してあげてくださいねっ(^_-)-☆
d0053129_20474926.jpg

「編集後記」
ガレット通信第3号、いかがでしたでしょうか?!チーフのひらの愛、感じとっていただけましたか~?!昨年末におなじみの「ひらのサブレ」がお味もパッケージもリニューアルしました(^^♪お客様の「ひらののお土産作って」というご要望から生まれた「ひらのサブレ」こちらにも、ひらの愛をたっぷり詰め込みました!パッケージのイラストはこれまた「ついついひらの」でおなじみアップルの発音の奥様で平野在住イラストレーターの「つき山いくよ」さん!愛嬌のあるイラストがたまらなくかわいいのです。そして、パッケージを開くと・・・!!


[PR]
# by galette1 | 2018-06-02 20:31 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

d0053129_17004164.jpg
d0053129_18224314.jpg

パティスリーガレット 大阪平野区です

本日のついついひらのは「バトン・スリーズ」です。
春巻きみたいな皮でチェリーとアーモンドクリーム(クレームダマンド)を包んで、高温のオーブンでさっと焼き上げます。
”パリパリ”した皮の食感にチェリーの旨味が”ジュワ~”ダマンドが”ほくほく~”
見た感じは細巻きの長い春巻きですけど、食べるとカントリーな焼き菓子です。
「じみうま~」です
なかなか目にすることのないお菓子です。焼き菓子マニアの方も必食です!
おひとつ300円です






[PR]
# by galette1 | 2018-06-01 17:05 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ガレット・ブルトンヌ

d0053129_17205719.jpg

新しくなった「ガレット・ブルトンヌ」
今回は配合は変わってないのですが製法と焼き方を変更!
意外かもしれませんが、焼菓子の方が見直しの機会は多いのです。
色々試しては一周りして基本に帰ってくる
そんな感じです
今は基本中の基本
まさに「ベーシックは美味しい」です

[PR]
# by galette1 | 2018-05-26 17:11 | ガレットブルトンヌ | Trackback | Comments(0)

アイスブッセ

d0053129_17370354.jpg

只今ブッセ焼いてます

夕方にはアイスブッセになって、お店に並びま~す。




[PR]
# by galette1 | 2018-05-25 17:36 | Trackback | Comments(0)

ガレット通信 VOL.2「ガレットブルトンヌ」

ガレット通信Vol.2
d0053129_08033037.jpg

「ガレット」
こんにちは!ガレットの販売責任者スマイルメッセンジャーの久保正子です。ガレット通信創刊号では、たくさんの反響をいただき、どうもありがとうございました!

今回第2号では、パティスリーガレットの屋号にまつわる秘話をこっそり()お話します。

「ガレット」は、皆さんご存知のとおり、ちょっとお塩のきいたバターたっぷりの厚焼きクッキーです。フランスブルターニュ地方の伝統菓子「ガレット・ブルトンヌ」から、パティスリーガレットの屋号が生まれました。もちろん、このお菓子がガレットのチーフが一番好きな焼き菓子です!

実は、この「ガレット・ブルトンヌ」、とっても大変なお菓子なんです。配合の半分以上がバターで、こんな贅沢なお菓子はなかなかありません。バターが多くて何が大変って、バター不足でも確保に大変でしたが、作るときの取り扱いがとにかく大変!! 常温で置くとすぐに生地がやわらかくなってバターが溶け出してきます。そうなると型を抜くことが出来ないし、美味しさにも影響が・・・。なので、生地は冷凍庫で冷やし短時間で型を抜き、また冷蔵庫で冷やしながら卵を塗っていく。他の焼き菓子に比べるとはるかに手間のかかるお菓子です。

かれこれ14年前のオープン当初、パイローラーという生地を伸ばす機械もなく、全て手作業。作っても作っても追いつかず、ガレットなのにガレットが無い状態が続き「なんでガレットなんていう屋号にしたんだ~(涙)」なんていう苦い経験も(>_<)

それでもやっぱり、ガレットが好き。がんばって、ガレット焼いてます!

それから、もうひとつおまけ!チーフのカスタードクリームやプリン、自信作なんですが・・・。これらのお菓子に入れる黒いつぶつぶ、甘~い香りの「バニラビーンズ」。実は、屋号の候補にこの「バニラビーンズ」もあがっていました。今、このバニラビーンズが悪天候による不作続きで採れなくなるかも!と言われています。バニラビーンズという屋号にしなくてよかったなぁ・・・と。

「編集後記」

 ガレット通信第2号、いかがでしたでしょうか?!2004年のオープン当時が昨日のことのように思い出されます。今ではすっかり当たり前のように、みなさんに「ガレットさん」って呼んでいただいて、とってもとっても嬉しいです。今後もみなさんと一緒に歩んできた14年間のこと、いろいろお話できたらと思っています。来月号も、どうぞお楽しみに


[PR]
# by galette1 | 2018-05-10 20:46 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)

焼き菓子に思うこと

d0053129_18141045.jpg

今まで書いたことはなかったけど

ガレットのマドレーヌコメルシーに入っているもの
バター、卵、粗糖、小麦粉、はちみつ

ガレットのマドレーヌコメルシーに入っていないもの
増粘多糖類、トレハロース(人工甘味料)、香料、保存料、PH調整剤、膨張剤、安定剤…

余計なものは入れてません
でもガレットは無添加ケーキ屋ではありません
そこの線引きが難しい


[PR]
# by galette1 | 2018-05-06 18:13 | 素材 | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

d0053129_13001665.jpg
d0053129_18192557.jpg
パティスリーガレット 大阪平野区です

5月1日のついついは「かりんとうシュー」です。
シュー皮を黒砂糖味のかりんとうみたいな~
ちょっとしっとり、食べやすく、カスタードの美味しさと相まって、も~ぅ、病みつきになる美味しさ、一つ¥280-です。




[PR]
# by galette1 | 2018-05-01 12:56 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

10年くるみ

d0053129_13382710.jpg
ガレットの店先に小さな「くるみ」の木があります。名前は「10年くるみ」といいます。
去年の夏にファーマーズキッチン・イヌイットさんに「くぼさ~ん、これ持って帰って~」と手渡されたのは、芽が出たばかりの、まだ実がついたままのクルミの赤ちゃん苗でした。ダメージを与えないようにガレットまで連れて帰って植え替えたのですが、秋口には葉っぱが全部落ちてしまい「ただの棒」状態に…
「もう無理ちゃう?」なんて言われましたが、水をやり、土をほぐして冬が来て、春になって新芽が出てきました。
イヌイットさんがお店の前に植えたクルミの木が大きくなって10年経ってやっと実がなって、落実して芽が出て、それがガレットに来て…
大きな大きな鉢に植え替えて10年経って実がなったら今度はイヌイットさんに持っていこう。以上ガレット園芸部通信でした。

[PR]
# by galette1 | 2018-04-06 13:42 | Trackback | Comments(0)

ガレット通信 VOL.1「創刊号!」

ガレット通信Vol.1



「創刊号!」
 こんにちは!いつもガレットをお引き立ていただきまして、ありがとうございます。ガレットの販売責任者スマイルメッセンジャー(*^-^*)の久保正子です。ガレットのお客様にもっともっとガレットのことを知っていただきたいなっ!と思い今月より「ガレット通信」を発行させていただくことになりました!ガレットの日常やスタッフ、新商品やお菓子作り、私のひとり言などなど、発信させていただこうと思っています。お時間のある時にでも、お読みいただけたら嬉しいです♥よろしくおねがいします。
さて、記念すべき第一号は、「パティスリーガレット」のチーフ久保徹也がどのようにしてお菓子の道に入ったかを紹介します。チーフがお菓子の世界に入ったのは、業界的には非常に遅い26歳の時です。そこにはどんなストーリーがあるのでしょうか?
チーフは学生時代、お菓子屋への思いが募り、洋菓子店を経営されていた知人に「お菓子屋になりたい。修行させて欲しい!」とお願いした事がありました。しかし、「まずは大学を卒業して、その時にもう一度考えなさい」とアドバイスを頂いたそうです。そして、そのまま時代の流れに乗り卒業、就職をしサラリーマンになりました。大学で原子炉工学を専攻していたので、プラントエンジニアリング会社で発電所の設計につきました。休日毎に家でいろいろなお菓子を作っては会社へ持っていき同僚に食べてもらっていたそうです。ある時「久保くんお菓子屋さんになれるんちがう?」との言葉。お菓子屋への夢を諦められずにくすぶっていた気持ちを「よっしゃ~!やるで~!」と後押ししてくれたのでした。そして後先も考えずに退職届を出したのでした。ちなみに数年後その方がご来店下さりお菓子を食べて一言「久保くん、ケーキ作るの上手になったね!」・・・(笑)  お世辞にしろ何にしろ、その時の言葉が今のガレットにつながっているのは間違いありません。 Vol.2に続く

「編集後記」

 いかがでしたか?「ガレット通信 Vol.1」みなさんとお店を繋いで毎月発行していきたいと思います。次号をお楽しみに。
スマイルメッセンジャー 久保正子

[PR]
# by galette1 | 2018-04-05 20:49 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)

親愛なる愛弟子へ

d0053129_17083008.jpg

親愛なる愛弟子へ
今日は「新入社員の入社説明会」

学校で習ってきたことはひとまず引き出しにしまうこと。
ガレットの仕事で新しい引き出しをいっぱいにすること。
たのんだよ!


[PR]
# by galette1 | 2018-03-21 17:09 | 親愛なる愛弟子へ | Trackback | Comments(0)

ヘーゼルナッツワーム!!

d0053129_14015450.jpg
ガレットの店先にヘーゼルナッツの木があります。
毎年春先になると枝からちょっと意味不明の物体が垂れ下がります。冬の間は縮こまっているのですが(写真奥を参照)暖かくなると、びよヨヨョョ〜んと伸びて… 笑うくらいに変な感じです。で、これは何かと言うとヘーゼルナッツの中で冬を越して春を待ちわびる虫、その名も「ヘーゼルナッツワーム!!」ウソです。
実は「ヘーゼルナッツの雄花」なのです。初めてみた時は驚いてちぎり取ってしまうところでした。もうちょっとしたら小さな花が咲きます。ちなみに枝に正しい状態で付いてるのが雌花です(笑)。一本の木に別々に花が咲き受粉するのです。しかも葉よりも花が先です。で、実がなるのが秋。へ〜不思議〜
と言うことで「ヘーゼルナッツの雄花」見てみたい方はガレットまでどしどしご来店下さい。ちなみに3年目ですがまだ実はなった事がありません。今年はどうでしょうか?以上ガレット園芸部通信でした。

[PR]
# by galette1 | 2018-03-17 14:17 | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

d0053129_20401599.jpg

d0053129_20401588.jpg
今日のついついは「ショーソン・イタリアン」
一言で言えばちょっと前、まだヌーベルキュイジーヌが流行る前にフランスのマドゥマーゼルがイタリアの避暑地に思いを馳せながらパリのキャフェテリアで食べている…

サクサクの何処か懐かしいパイ生地のお菓子です。
マカにはふわっとしたカスタードベースのクリーム。
レーズンが入ってます。
一つ320円です。

[PR]
# by galette1 | 2018-03-10 20:39 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

パティスリーガレット 大阪平野区です。

3月のついついひらのは「いちごのトライフルロール」
ガレットが移転前のお店で出していたフルーツたっぷりのロールケーキです。人気者だったのですが、生地を焼くのが大変で途中で止めてしまった商品です。

おいしさの秘密は
○穀物飼料で育てた鶏のこだわり卵の黄身を使っています
○最初にバターと粉をしっかり炒めることで、滑らかなスフレ生地になります。
○無添加フレッシュクリームとこだわり卵のカスタードクリーム!

「気ままなおしゃべり」とか「なんでもないもの」という意味のお菓子です。
ひとつ450円でご用意します。
d0053129_20382754.jpg
d0053129_20382780.jpg

[PR]
# by galette1 | 2018-03-10 20:38 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

いちごのお話

GOGO! 大和郡山

先日、奈良の大和郡山の「いぬいファーム」さんにお邪魔してきました。
只今ガレットで絶賛開催中の「いちごフェアー」で使っている「完熟あすかルビー」の生産農家さんです。

d0053129_19305436.jpg

広い広い畑の中にいちごのハウスが建ってます。いちごのハウスは温度管理のため2重構造、中に入るといちごの香りに体が包まれて「春~♬」です。長いうねには沢山のいちご!順に育っていくので一つの株に色んな大きさがなっています。

d0053129_19293544.jpg

そしてハウスのまん中に不思議な箱?「それはミツバチの巣箱やよ」「ハチがいないと美味しいいちごができんの」(ミツバチは農薬に弱い生き物ですぐ弱って受粉作業をしなくなります。と言うことは、ミツバチを放している農園は、開花後、農薬を使わない農園ということになります) 他にも光合成のための炭酸ガス(二酸化炭素)の濃度管理、もみ殻で作った自家製堆肥、温度管理、水やり…  いちごを育てて30年以上の経験とノウハウが近所でも、いちご生産者仲間にも「いぬいさんのいちごは美味しい」と言わせるのです。その上若いうちに摘んでしまう市場の出荷用が嫌で、完熟を収穫してすぐに届けるルートを開拓されたり、いちごへの愛が伝わってきます。「でも長くやってても、いちごは毎年同じじゃないのよ」



d0053129_19291066.jpg
今回は「いちご」について本当に色んなことを教えて頂きました。そして、このいちごを使わせてもらうのだから、生産者さんの想いも載せて美味しいお菓子にしなくてはと思ったのでした。そんな「いぬいさんの完熟あすかルビー」がお店にならぶのは3月上旬までで~す。
d0053129_19282182.jpg

パティスリーガレット

大阪市平野区平野本町5−14−17

9:30〜20:00 月曜日定休

TEL 06-6796-6686








小さい春、みーつけた!






小さい春、みーつけた!



[PR]
# by galette1 | 2018-03-08 19:35 | 素材 | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

パティスリーガレット 大阪平野区です

2月のついついは「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ」です。ややっこしい名前でスミマセン(笑)
チョコのスポンジと軽いバタークリーム、洋酒漬けのチェリーが特徴のドイツの伝統菓子です。お菓子好きの方ならお菓子の教本に必ずと行っていいほど登場するのでどっかで聞いたことが有ると思います。馴染みのないドイツ語であえて説明すると、ショコラーデンマッセとショコラーデンブツタークリームとミュルベタイクとキルッシュザーネクリーム○×△□…
今回はアレンジ無しで基本配合で、仕上げもこれぞ「キルシュトルテ!」という王道のデザインで用意しました。普段あまり作らないドイツ菓子の技法や配合に新しい発見があり勉強させて頂きました!
ひとカット480円です。(しっかりお酒がきいてますのでご注意下さい)
d0053129_20365055.jpg
d0053129_20365033.jpg

[PR]
# by galette1 | 2018-02-10 20:36 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

パティスリーガレット 大阪平野区です

今年最初のついついは「ピスタチオのテリーヌ」
ホワイトチョコベースのテリーヌ生地にシシリー産ピスタチオペーストをプラス、まん中にラズベリーを煮詰めて作ったフランボワーズパペンをサンドしました。仕上げはホワイトチョコガナッシュ、カリカリおいしいフランボワーズクラランをちらしました。
濃厚ですがキレのあるピスタチオとラズベリーのハーモニーをお楽しみ下さい。
ひとつ400円です。
d0053129_20343948.jpg
d0053129_20351371.jpg

[PR]
# by galette1 | 2018-01-10 20:34 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

パティスリーガレット 大阪平野区です

今月のついついは「パリブレスト」
1891年にパリ・ブレスト・パリの自転車レース開催を記念して作られたお菓子です。シュー生地を自転車の車輪の形にたとえて焼き上げています。中にはアーモンドプラリネのクリームがたっぷり。「こくうま~」をお楽しみ下さい。
おひとつ450円です。
d0053129_20331982.jpg
d0053129_20331925.jpg

[PR]
# by galette1 | 2017-12-10 20:32 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

パティスリーガレット 大阪平野区です

エクレアですよ~
今回は
コクのあるちょっと大人のビターな「ベルギーチョコ
濃く、濃く、抹茶好きに自信を持って食べて頂ける「宇治抹茶」
キャラメルとガナッシュの旨みをキリッと塩が引き締める「塩キャラメル」の三種類
お気に入りをひとつ!それとも全部?
おひとつ¥300-です。
d0053129_20312911.jpg
d0053129_20312977.jpg

[PR]
# by galette1 | 2017-11-10 20:31 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)