カテゴリ:素材( 3 )

焼き菓子に思うこと

d0053129_18141045.jpg

今まで書いたことはなかったけど

ガレットのマドレーヌコメルシーに入っているもの
バター、卵、粗糖、小麦粉、はちみつ

ガレットのマドレーヌコメルシーに入っていないもの
増粘多糖類、トレハロース(人工甘味料)、香料、保存料、PH調整剤、膨張剤、安定剤…

余計なものは入れてません
でもガレットは無添加ケーキ屋ではありません
そこの線引きが難しい


[PR]
by galette1 | 2018-05-06 18:13 | 素材 | Trackback | Comments(0)

いちごのお話

GOGO! 大和郡山

先日、奈良の大和郡山の「いぬいファーム」さんにお邪魔してきました。
只今ガレットで絶賛開催中の「いちごフェアー」で使っている「完熟あすかルビー」の生産農家さんです。

d0053129_19305436.jpg

広い広い畑の中にいちごのハウスが建ってます。いちごのハウスは温度管理のため2重構造、中に入るといちごの香りに体が包まれて「春~♬」です。長いうねには沢山のいちご!順に育っていくので一つの株に色んな大きさがなっています。

d0053129_19293544.jpg

そしてハウスのまん中に不思議な箱?「それはミツバチの巣箱やよ」「ハチがいないと美味しいいちごができんの」(ミツバチは農薬に弱い生き物ですぐ弱って受粉作業をしなくなります。と言うことは、ミツバチを放している農園は、開花後、農薬を使わない農園ということになります) 他にも光合成のための炭酸ガス(二酸化炭素)の濃度管理、もみ殻で作った自家製堆肥、温度管理、水やり…  いちごを育てて30年以上の経験とノウハウが近所でも、いちご生産者仲間にも「いぬいさんのいちごは美味しい」と言わせるのです。その上若いうちに摘んでしまう市場の出荷用が嫌で、完熟を収穫してすぐに届けるルートを開拓されたり、いちごへの愛が伝わってきます。「でも長くやってても、いちごは毎年同じじゃないのよ」



d0053129_19291066.jpg
今回は「いちご」について本当に色んなことを教えて頂きました。そして、このいちごを使わせてもらうのだから、生産者さんの想いも載せて美味しいお菓子にしなくてはと思ったのでした。そんな「いぬいさんの完熟あすかルビー」がお店にならぶのは3月上旬までで~す。
d0053129_19282182.jpg

パティスリーガレット

大阪市平野区平野本町5−14−17

9:30〜20:00 月曜日定休

TEL 06-6796-6686








小さい春、みーつけた!






小さい春、みーつけた!



[PR]
by galette1 | 2018-03-08 19:35 | 素材 | Trackback | Comments(0)

喜界島の粗糖!

この度ガレットのお砂糖が少し変わりました。
今までは微細グラニュー糖、無添加三温糖、粉糖、沖縄焚黒糖を使ってました。
でこの度三温糖から喜界島の粗糖へチェンジ!
粗糖とは「一般的な砂糖を作る時の原料で、分離しきっていない糖蜜が残っているため、独特の風味やコクが強い by ウィキ」
という訳で色んなお砂糖を作る素材としてのお砂糖、粗糖なのです。
しかも喜界島産です。喜界島?? 行った事ないけど奄美大島の近所?? 奄美も行ったこと無い…
粗糖はサトウキビの味が直で出るので島によって味が違います。何種類か試して「まぁるい」素朴な甘さの喜界島産を選びました。色々サンプルを手配してくださったのは、奈良の300年以上続く老舗、砂糖傳さんです。感謝
そんなこんなで「喜界島産粗糖」を使っております。ですが、今年は台風の影響で喜界島のサトウキビが不作! が~ん、とにかく年内に使う分は確保しましたが、それ以降は無くなったら終わりなのです。その後は「奄美産」?お隣なのですが台風の被害は少なかったそうです。
写真は「喜界島の粗糖を使ったミルクジャム」です。
ガレットのお砂糖に喜界島の粗糖が加わったと言うお話でした。

d0053129_20401148.jpg

パティスリーガレット

大阪市平野区平野本町5−14−17

9:30〜20:00 月曜日定休

TEL 06-6796-6686







[PR]
by galette1 | 2017-11-08 20:42 | 素材 | Trackback | Comments(0)