カテゴリ:ついついひらの( 49 )

ついついひらの 第51回 2018/9/1 

d0053129_07432709.jpg
d0053129_07433742.jpg
コンベルサシオン
サクサクパイとしっとりダマンド、ぱりぱりグラスロワイヤル。

カロリーの事なんか気にせず食べて、フランスのお菓子文化の奥深さが垣間見られるようで、ホンマに美味しいと思う
by チーフ


パティスリーガレット 大阪平野区です。

9月のついついは「コンベルサシオン」です。
パイ生地でクレームダマンドを包んで、グラスロワイヤルを塗って焼き上げます。中に洋ナシのコンポートを詰めました。
サクサクのパイ生地とカリカリのグラス、しっとりダマンドに洋ナシの果汁がしみて…

コンベルサシオン(conversation)は、フランス語で『会話・おしゃべり』という意味があります。
コンベルサシオンを食べながら楽しいおしゃべりに花を咲かせてみませんか?
一個420円です。

d0053129_07510007.jpg
d0053129_07513619.jpg




[PR]
by galette1 | 2018-09-02 07:57 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

d0053129_17004164.jpg
d0053129_18224314.jpg

パティスリーガレット 大阪平野区です

本日のついついひらのは「バトン・スリーズ」です。
春巻きみたいな皮でチェリーとアーモンドクリーム(クレームダマンド)を包んで、高温のオーブンでさっと焼き上げます。
”パリパリ”した皮の食感にチェリーの旨味が”ジュワ~”ダマンドが”ほくほく~”
見た感じは細巻きの長い春巻きですけど、食べるとカントリーな焼き菓子です。
「じみうま~」です
なかなか目にすることのないお菓子です。焼き菓子マニアの方も必食です!
おひとつ300円です






[PR]
by galette1 | 2018-06-01 17:05 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

d0053129_13001665.jpg
d0053129_18192557.jpg
パティスリーガレット 大阪平野区です

5月1日のついついは「かりんとうシュー」です。
シュー皮を黒砂糖味のかりんとうみたいな~
ちょっとしっとり、食べやすく、カスタードの美味しさと相まって、も~ぅ、病みつきになる美味しさ、一つ¥280-です。




[PR]
by galette1 | 2018-05-01 12:56 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

d0053129_20401599.jpg

d0053129_20401588.jpg
今日のついついは「ショーソン・イタリアン」
一言で言えばちょっと前、まだヌーベルキュイジーヌが流行る前にフランスのマドゥマーゼルがイタリアの避暑地に思いを馳せながらパリのキャフェテリアで食べている…

サクサクの何処か懐かしいパイ生地のお菓子です。
マカにはふわっとしたカスタードベースのクリーム。
レーズンが入ってます。
一つ320円です。

[PR]
by galette1 | 2018-03-10 20:39 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

パティスリーガレット 大阪平野区です。

3月のついついひらのは「いちごのトライフルロール」
ガレットが移転前のお店で出していたフルーツたっぷりのロールケーキです。人気者だったのですが、生地を焼くのが大変で途中で止めてしまった商品です。

おいしさの秘密は
○穀物飼料で育てた鶏のこだわり卵の黄身を使っています
○最初にバターと粉をしっかり炒めることで、滑らかなスフレ生地になります。
○無添加フレッシュクリームとこだわり卵のカスタードクリーム!

「気ままなおしゃべり」とか「なんでもないもの」という意味のお菓子です。
ひとつ450円でご用意します。
d0053129_20382754.jpg
d0053129_20382780.jpg

[PR]
by galette1 | 2018-03-10 20:38 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

パティスリーガレット 大阪平野区です

2月のついついは「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ」です。ややっこしい名前でスミマセン(笑)
チョコのスポンジと軽いバタークリーム、洋酒漬けのチェリーが特徴のドイツの伝統菓子です。お菓子好きの方ならお菓子の教本に必ずと行っていいほど登場するのでどっかで聞いたことが有ると思います。馴染みのないドイツ語であえて説明すると、ショコラーデンマッセとショコラーデンブツタークリームとミュルベタイクとキルッシュザーネクリーム○×△□…
今回はアレンジ無しで基本配合で、仕上げもこれぞ「キルシュトルテ!」という王道のデザインで用意しました。普段あまり作らないドイツ菓子の技法や配合に新しい発見があり勉強させて頂きました!
ひとカット480円です。(しっかりお酒がきいてますのでご注意下さい)
d0053129_20365055.jpg
d0053129_20365033.jpg

[PR]
by galette1 | 2018-02-10 20:36 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

パティスリーガレット 大阪平野区です

今年最初のついついは「ピスタチオのテリーヌ」
ホワイトチョコベースのテリーヌ生地にシシリー産ピスタチオペーストをプラス、まん中にラズベリーを煮詰めて作ったフランボワーズパペンをサンドしました。仕上げはホワイトチョコガナッシュ、カリカリおいしいフランボワーズクラランをちらしました。
濃厚ですがキレのあるピスタチオとラズベリーのハーモニーをお楽しみ下さい。
ひとつ400円です。
d0053129_20343948.jpg
d0053129_20351371.jpg

[PR]
by galette1 | 2018-01-10 20:34 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

パティスリーガレット 大阪平野区です

今月のついついは「パリブレスト」
1891年にパリ・ブレスト・パリの自転車レース開催を記念して作られたお菓子です。シュー生地を自転車の車輪の形にたとえて焼き上げています。中にはアーモンドプラリネのクリームがたっぷり。「こくうま~」をお楽しみ下さい。
おひとつ450円です。
d0053129_20331982.jpg
d0053129_20331925.jpg

[PR]
by galette1 | 2017-12-10 20:32 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

パティスリーガレット 大阪平野区です

エクレアですよ~
今回は
コクのあるちょっと大人のビターな「ベルギーチョコ
濃く、濃く、抹茶好きに自信を持って食べて頂ける「宇治抹茶」
キャラメルとガナッシュの旨みをキリッと塩が引き締める「塩キャラメル」の三種類
お気に入りをひとつ!それとも全部?
おひとつ¥300-です。
d0053129_20312911.jpg
d0053129_20312977.jpg

[PR]
by galette1 | 2017-11-10 20:31 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)

ついついひらの

パティスリーガレット 大阪平野区です

10月のついついひらのは「木の実のフィナンシェ」です
たっぷりフィナンシェ生地に栗、くるみ、ピーカンナッツがどっさり入ってます。とてもリッチな焼き菓子です。薄焼きの普段のフィナンシェとは全く別物です。リッチバター、アーモンドプードル、木の実の美味しさをお楽しみ下さい。
ひとつ480円です。
d0053129_20295896.jpg
d0053129_20295791.jpg

[PR]
by galette1 | 2017-10-10 20:29 | ついついひらの | Trackback | Comments(0)