カテゴリ:ひらの郷( 5 )

13口のおじぞうさん(泥堂口じぞう)

d0053129_19374781.jpg
d0053129_19374655.jpg

「泥堂口じぞう」さん、です。

ひらのは戦国時代に発展した環濠自治都市です。
泥堂口じぞうさんの前の道もやっぱりくねっと曲がってます。
でも、すぐそばを4車線の国道が通ってるので、古い町並みはそこでプツッと途切れます。
小学校の帰りしなに歩道橋を反対側におりて遠回りして帰るときはこのお地蔵さんの前を通っていました。ちょっと前の話です(笑)


d0053129_19374856.jpg
d0053129_19374504.jpg
d0053129_19374801.jpg


[PR]
by galette1 | 2018-10-05 19:39 | ひらの郷 | Trackback | Comments(0)

13口のおじぞうさん(田邊道西脇口じぞう)

d0053129_20003284.jpg
d0053129_20010120.jpg

「田邊道西脇口じぞう」さん、です。

ひらのは戦国時代に発展した環濠自治都市です。
このお地蔵さんのいてはる新町筋もやっぱり「かくっ」と曲がってます。平野郷の中心を通る道で道幅も広く今でも昔ながらの大きなお屋敷やお寺さんがたくさんあります。夏祭りの時には御神燈がたくさん並びます。
お地蔵さんは周りに小さいお地蔵さんがいてはって、ぎやかな感じです。

d0053129_20014764.jpg
d0053129_20020204.jpg
d0053129_20022466.jpg


[PR]
by galette1 | 2018-09-22 20:02 | ひらの郷 | Trackback | Comments(0)

13口のおじぞうさん(小馬場口じぞう)


d0053129_21432379.jpg
d0053129_21443241.jpg

「小馬場口じぞう」さん、です。

ひらのは戦国時代に発展した環濠自治都市です。外から町中の様子が伺うことが出来ず、攻め込みにくいように入口に通じる道は狭く、カギ型に曲げてありました。そんな理由でお地蔵さんの前の道はたいがい狭くて曲がっています。(町の発展とともに、曲がり部分も含めて広い道になったところもあります)

「小馬場口じぞう」は、大念仏寺の南側、住宅の中にひょっこりとおられます。



d0053129_21433040.jpg
d0053129_21444547.jpg
d0053129_21431360.jpg



[PR]
by galette1 | 2018-09-16 21:45 | ひらの郷 | Trackback | Comments(0)

13口のおじぞうさん(馬場口じぞう)

d0053129_07590376.jpg
d0053129_07591580.jpg

「馬場口じぞう」さん、です。

ひらのは戦国時代に発達した環濠都市です。敵から守るために町の周りを堀で囲みました。堀にかかった橋が13喬、つまり入り口が13口ありました。なので、そこに祀られている地蔵さんも13体なのです。

「馬場口じぞう」さんは、大念仏寺の山門を下ったところにあります。

d0053129_21463777.jpg
d0053129_21464823.jpg
d0053129_21470496.jpg


[PR]
by galette1 | 2018-08-26 08:01 | ひらの郷 | Trackback | Comments(0)

13口のおじぞうさん(流口じぞう)

d0053129_07543877.jpg
d0053129_21482556.jpg

「流口じぞう」さん、です。

ひらのにはお地蔵さんがたくさんおられます。
戦国時代、平野が環濠都市だった頃、町の入り口を守っていてくれたお地蔵さん。入り口が13ヶ所あったので、入り口のお地蔵さんも13体(でも今は12体)もちろんそれ以外にもたくさんおられます。
「流口じぞう」は、ガレットから一番近いところ、徒歩30秒(近っ!)にいてはるお地蔵さんです。

d0053129_21483491.jpg
d0053129_21484206.jpg
d0053129_21490934.jpg


[PR]
by galette1 | 2018-07-26 07:55 | ひらの郷 | Trackback | Comments(0)