<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

赤ワインガレット物語 その2「麻記子さ~ん、早すぎ~」の巻



赤ワインガレット物語 その2「麻記子さ~ん、早すぎ~」の巻

--------------------------------------------------

とあるお店のガレットブルトンヌの美味しさに驚き、「こんなおいしいガレットを作lりたい!」との想いから名付けたのが、「パティスリーガレット」なんです。

---------------------------------------------------

前回の続きです
「何か赤ワインガレットのヒントがあるかもしれない」そんな期待をしながらカタシモワイナリーさんに出かけて行きました。ガレットから30分ほど、柏原の山のほうに向かいます。歴史を感じる町並みの中に「柏原ワイン」の文字。門を入るとすぐにワインの香りが漂ってきます。おっきな樽の間を進んで工場の奥、古民家を利用した事務所を訪ねました。「ようこそ~」とキラキラの澄んだ声で迎えてくれたのは醸造部の高井麻記子さん。「そんじゃとりあえず、行きましょう」と工場へ連れて行っていただきました。「ここが、ワインを寝かす部屋」「ここがビン詰め作業場」「この樽でぶどうを絞ります」次々と駆け足で解説をしながらワイン樽のチェックも「ごめん〇〇さん、もう一重シート掛けといて下さい」などなど、麻記子さんがワイン樽を覗く仕草はとても楽しそうで、「ワインは生き物なので、いつも気にかけてないとダメなんです」と笑顔がこぼれます。工場の中の階段を登ったり樽の間をすり抜けたり「うちは観光ワイナリーじゃないので、狭くてすいません」と、どんどん進んでいくペースに遅れないように、説明を頭に入れながら「麻記子さ~ん、早すぎ~」(笑)
 最後に案内をして頂いたのが、カウンターのある素敵な建物、そこで赤ワインガレットがうまくいかない話を聞いていただきました。「そうですね、これ飲んでみてください」と順にいろいろなワインをテイスティング「濃いめのワインですが、どれか合いますか?」「どれも美味しい!でももっとパンチが欲しいんです」お菓子に使うワイン選びとなるとさすがに麻記子さんも困った様子です。「ちょっと気分を変えて特別なビンテージワイン飲みましょう」と言ってカタシモワイナリーの歴史やワイン作りの話を聞きながら、こりゃたまらん美味し~いワインを口に含んでいた時に「いいものがありますよ!」と今度は工場の片隅の冷蔵コンテナへ。「私、前押さえてますので、久保さん、奥のクレート出してくださ~い」一番奥から出てきたのは、その年に絞った赤ワインの皮でした。何かに使えないかなと思って取っておいたものだったのです。「とにかくこれを使って考えてください。きっと使えると思います。」 麻記子さんのキラキラ笑顔に見送られながら、ぶどうの皮と、柏原産ぶどう100%使用の赤ワインを持って、ちょっとほろ酔いでワイナリーを後にしたのでした。
 帰り道、「ガレットの生地に皮を入れて…」とアイデアを話しながら、出来上がりを予想してウキウキしていましたが、なかなか…

その3に続く~
 
--------------------------------------------------

いろんなお得と、特別が詰まったガレット初のクラウドファンディング「赤ワインガレットを伝統菓子として育てファンと共に地元大阪を盛り上げたい!」はこちら → https://faavo.jp/osaka/project/2914#pj-single-nav

d0053129_19282659.jpg


[PR]
by galette1 | 2018-10-21 19:28 | ガレットブルトンヌ | Trackback | Comments(0)

赤ワインガレット物語 その1「カタシモワイナリーさんとの出会い」の巻

赤ワインガレット物語 その1「カタシモワイナリーさんとの出会い」の巻

--------------------------------------------------

とあるお店のガレットブルトンヌの美味しさに驚き、「こんなおいしいガレットを作lりたい!」との想いから名付けたのが、「パティスリーガレット」なんです。

---------------------------------------------------

そもそもの「赤ワインガレット」のお話です。
もちろん一番の押しはガレットブルトンヌ!でも、かなり地味なお菓子です。そんなガレットをとにかく手に取ってもらいたい、食べてみてほしいと思い「ガレットだから、ちょっとガレットで遊ぶのもアリかな?」ガレットの味の展開を考えたのでした。
いろんなテイストのガレット。そこで「ピン!」とひらめいたのが赤ワインガレットでした。とりあえずラム酒の代わりにワインを使って… ワインを煮詰めて… なかなかワインの味と香りがガレットにのってくれません。何度も試行錯誤を繰り返しましたが、なかなか上手くいかず、大きな壁にぶち当たっていました。ちょうどその頃「大阪産(おおさかもん)の商品を考えてみたら」と大阪府の方からアドバイスをいただき、そして、柏原の「カタシモワイナリー」さんを紹介していただきました。
 そこで「ワインの事はワイナリーに聞け」とよく言われるように、何かヒントがあるかも知れないと思いカタシモさんに出かけていきました。

その2に続く~

--------------------------------------------------

いろんなお得と、特別が詰まったガレット初のクラウドファンディング「赤ワインガレットを伝統菓子として育てファンと共に地元大阪を盛り上げたい!」はこちら → https://faavo.jp/osaka/project/2914#pj-single-nav


d0053129_07473747.jpg


[PR]
by galette1 | 2018-10-19 07:48 | ガレットブルトンヌ | Trackback | Comments(0)

赤ワインガレットを伝統菓子として育てファンと共に地元大阪を盛り上げたい!

d0053129_19544166.jpg

赤ワインガレットを伝統菓子として育てファンと共に地元大阪を盛り上げたい!

返礼品の中にある、カタシモワイナリーさんのグラッパを紹介します。「葡萄華 35度デラウェア葡萄・樽熟  ジャパニーズグラッパ」
---------------------------------------------------------
グラッパ (grappa) は、イタリア特産の蒸留酒で、ブランデーの一種。ワインを蒸留して作る一般的なブランデーとは違い、ポマース(ブドウの搾りかす)を発酵させたアルコールを蒸留して作る。多くは樽熟成を行わないので無色透明だが、ブドウの香りを程よく残す 出展 Wikipedia
---------------------------------------------------------
カタシモさんは日本で初めてグラッパを製造されたワイナリーなのです。
◆デラウェア葡萄を使用。
◆リムーザンのフレンチオーク木樽で熟成しました。
◆デラウェアの蜂蜜のような香りとオーク木樽の力強い香りがブレンドされ、上品な香りと柔らかな味わい

とにかく美味しいのです
ビンもシュッとしてかっこいいのです
毎年1000本前後の限定生産のグラッパとガレットをこの機会に是非!
https://faavo.jp/osaka/project/2914



[PR]
by galette1 | 2018-10-09 19:56 | ガレットブルトンヌ屋さんの日常 | Trackback | Comments(0)

ファーマーズキッチン・イヌイット oishii

d0053129_19530051.jpg
d0053129_19530084.jpg

ファーマーズキッチン・イヌイットさん
夜のテーブルで、秋の匂いの風にうなずきながら、ハンバーグのパテパテを聞いていた

イヌイットがイヌイットであり続けてくれていること
マスターのとつとつと話す言葉がとても居心地がいいこと
いつも美味しいハンバーグが出てくること

「おかえり~」の言葉があるわけじゃないけど、来るたびに「マスター、お菓子屋になろうと思うねんけど…」と話を聞いてもらってた頃と今が混じりながら自分の中に落ちていく

ファーマーズキッチン・イヌイットはそんなところです

d0053129_19530158.jpg


[PR]
by galette1 | 2018-10-09 19:54 | ガレットブルトンヌ屋さんの日常 | Trackback | Comments(0)

ガレット通信 VOL.7 「カタシモワイン祭り」

d0053129_17293374.jpg
「カタシモワイン祭り」
 こんにちは!ガレットの販売責任者スマイルメッセンジャーの久保正子です。一年で一番過ごしやすい季節になりましたね。秋と言えば、スポーツの秋、行楽の秋、読書の秋、芸術の秋、そして、食欲の秋!夏も食欲は衰えない私ですが、秋もさらに美味しいものがいっぱい!いろいろな秋を楽しんじゃいましょう~(*^-^*)
 さて、来月11月18日(日)に大阪柏原にあるカタシモワイナリーさんで、年に一度のお楽しみ!!大人気のイベント「カタシモワイン祭り」が開催されます(^^♪ガレットも去年から出店しています。もう、とにかくワイン好き、ぶどう好きにはたまらなく楽しいイベントです!!ぶどう畑や古民家を使って歌や芸術、そして、いろいろなワインや美味しいものが味わえる!もぎたての甘い完熟ぶどうも食べれちゃう。しかも、アルコールがダメでも美味しい100%ぶどうジュースもあって、大人から子供まで、一日ご機嫌で楽しめちゃいます!今からワクワク(´艸`*)もう楽しみでしょうがない(笑)ガレットはカタシモワイナリーさんの赤ワインを使った「赤ワインガレット」をはじめ、秋の味覚をふんだんに使った熱々の「キッシュ」や焼きたてブリュレなどなどたくさんご用意します(^^)/去年は初めてで、バタバタしながら、美味しいワインをいただきながら楽しみましたが、今年は2年目!要領も分かって、楽しむコツも分かって、これで準備が整えばバッチリです。とにかく楽しいから、騙されたと思って一日、秋の味覚を満喫しに行きましょう~! ガレットで、チケットの販売もしますので、どしどしお問い合わせくださいませ(^_-)-☆必ず晴れる11月3週目の日曜日!(スーパー営業マンさんより)どうぞ、お楽しみに!!
※ガレットは店舗での営業は臨時休業させていただきます<m(__)m>

「編集後記」
秋には最近にぎわいが増しているイベント!そうです「ハロウィーン」がありますね♪10月31日がハロウィーンの日なのですが、ガレットでは今年は10月27(土)、28(日)、30(火)、31(水)の4日間、仮装して来ていただいたお友達に(大人もOK!)にお菓子をプレゼントしています!ちゃんと「TRICK A TREAT!!」って言ってね~(^^)/風船ももらえちゃうよ!


[PR]
by galette1 | 2018-10-05 20:18 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)

13口のおじぞうさん(泥堂口じぞう)

d0053129_19374781.jpg
d0053129_19374655.jpg

「泥堂口じぞう」さん、です。

ひらのは戦国時代に発展した環濠自治都市です。
泥堂口じぞうさんの前の道もやっぱりくねっと曲がってます。
でも、すぐそばを4車線の国道が通ってるので、古い町並みはそこでプツッと途切れます。
小学校の帰りしなに歩道橋を反対側におりて遠回りして帰るときはこのお地蔵さんの前を通っていました。ちょっと前の話です(笑)


d0053129_19374856.jpg
d0053129_19374504.jpg
d0053129_19374801.jpg


[PR]
by galette1 | 2018-10-05 19:39 | ひらの郷 | Trackback | Comments(0)