タグ:ガレット通信 ( 7 ) タグの人気記事

ガレット通信 VOL.7 「カタシモワイン祭り」

d0053129_17293374.jpg
「カタシモワイン祭り」
 こんにちは!ガレットの販売責任者スマイルメッセンジャーの久保正子です。一年で一番過ごしやすい季節になりましたね。秋と言えば、スポーツの秋、行楽の秋、読書の秋、芸術の秋、そして、食欲の秋!夏も食欲は衰えない私ですが、秋もさらに美味しいものがいっぱい!いろいろな秋を楽しんじゃいましょう~(*^-^*)
 さて、来月11月18日(日)に大阪柏原にあるカタシモワイナリーさんで、年に一度のお楽しみ!!大人気のイベント「カタシモワイン祭り」が開催されます(^^♪ガレットも去年から出店しています。もう、とにかくワイン好き、ぶどう好きにはたまらなく楽しいイベントです!!ぶどう畑や古民家を使って歌や芸術、そして、いろいろなワインや美味しいものが味わえる!もぎたての甘い完熟ぶどうも食べれちゃう。しかも、アルコールがダメでも美味しい100%ぶどうジュースもあって、大人から子供まで、一日ご機嫌で楽しめちゃいます!今からワクワク(´艸`*)もう楽しみでしょうがない(笑)ガレットはカタシモワイナリーさんの赤ワインを使った「赤ワインガレット」をはじめ、秋の味覚をふんだんに使った熱々の「キッシュ」や焼きたてブリュレなどなどたくさんご用意します(^^)/去年は初めてで、バタバタしながら、美味しいワインをいただきながら楽しみましたが、今年は2年目!要領も分かって、楽しむコツも分かって、これで準備が整えばバッチリです。とにかく楽しいから、騙されたと思って一日、秋の味覚を満喫しに行きましょう~! ガレットで、チケットの販売もしますので、どしどしお問い合わせくださいませ(^_-)-☆必ず晴れる11月3週目の日曜日!(スーパー営業マンさんより)どうぞ、お楽しみに!!
※ガレットは店舗での営業は臨時休業させていただきます<m(__)m>

「編集後記」
秋には最近にぎわいが増しているイベント!そうです「ハロウィーン」がありますね♪10月31日がハロウィーンの日なのですが、ガレットでは今年は10月27(土)、28(日)、30(火)、31(水)の4日間、仮装して来ていただいたお友達に(大人もOK!)にお菓子をプレゼントしています!ちゃんと「TRICK A TREAT!!」って言ってね~(^^)/風船ももらえちゃうよ!


[PR]
by galette1 | 2018-10-05 20:18 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)

ガレット通信 VOL.6「クラウドファンディング」

d0053129_17293374.jpg
「クラウドファンディング」
こんにちは!ガレットの販売責任者スマイルメッセンジャーの久保正子です。今年の夏は、とにもかくにも暑い夏でしたねー!皆さん、体調を崩したりはしませんでしたか?!これからの季節の変わり目も要注意です。風邪をひかないように気を付けましょう!
 さて、今回は私どもパティスリーガレットがこの度初挑戦する「クラウドファンディング」についてお話ししたいと思います。今回のクラウドファンディングは、発案者であるパティスリーガレットのプロジェクトに対し共感してくださった皆様からご支援いただき、商品やサービスなどのリターン品をお返しする「購入型」のクラウドファンディングです。このプロジェクトでは大阪柏原のカタシモワイナリーさんに多大なご協力をいただき、今年のブドウの収穫、熟成、醸造を待ち、2018年の新酒無添加赤ワインの出来上がりに合わせ、いち早く2018年ヴィンテージ赤ワインガレットをお届けします。そして、この「赤ワインガレット」を大阪の伝統菓子として育て、
応援して下さるガレットのファンの方々と共に、地元大阪を盛り上げたいと思っています。ガレットのチーフがこよなく愛する「ガレットブルトンヌ」については、ガレット通信第2号でもお伝えしたとおりバターが材料の半分を占めるとてもリッチなお菓子です。この大好きなお菓子を大阪の伝統菓子にしたい!という思いから大阪柏原のカタシモワイナリーさんにお知恵をいただいて、ブドウの皮を入れて煮詰めた赤ワインコンクをガレットブルトンヌの生地に合わせ、深みのある美味しい美味しいガレットが出来上がりました。この美味しさをたくさんの方々にお届けしたい!ガレットファンの皆さんと一緒にこの赤ワインガレットを育てていきたい!そう思ってのクラウドファンディングへの挑戦です。この2018年ヴィンテージ赤ワインガレットの他に特別限定商品もご用意します!カタシモワイナリーさんのワインも登場しますよ~(*^-^*)お楽しみに!!
「編集後記」
ガレット初のクラウドファンディング、お盆のバタバタも重なり、当初の予定より1か月遅れのスタートになってしまいましたが、その分よいものが出来たと思っています(*^-^*)
ガレットのプロジェクトは9月11日の公開日からご覧いただけます!たくさんの思いを盛り込みましたので是非是非!!覗いてみてくださいね(^_-)-☆
クラウドファンディングの運営サイトはこちら→https://faavo.jp/osaka


[PR]
by galette1 | 2018-09-05 19:40 | 新作のお知らせ | Trackback | Comments(0)

ガレット通信 VOL.5「ついついひらの」

d0053129_17293374.jpg
「ついついひらの」
こんにちは!ガレットの販売責任者、スマイルメッセンジャーの久保正子です。海に山に川にプールに花火に甲子園にひまわり、そして夏休み~!ちょっと最近の夏は暑すぎるけど、夏生まれの私は、やっぱり夏はワクワクするから大好きです(*^-^*)みなさん、熱中症にはくれぐれも気を付けて、今年の夏もenjoy!!しましょうね!
 さて、「毎月ついたち」と言えば!「ついついひらの」開催日。“ひらのでついついお買い物!”の日ですねっ(^^♪おかげ様でこの8月1日に第50回を迎えることが出来ました!はじまりは、チーフとアップルの発音の青木さんの「平野で何かしたいね~」という話から。「ついついひらの」というネーミングは、青木さんの奥様でイラストレーターのつき山いくよさんの“ひらめき”で決まりました。そして、ロゴマークも描いてくれました(*^-^*) 
d0053129_20273499.jpg

当時一緒にSNSの勉強会をしていた店舗に声掛けをして8店舗から始めました。少しずつ、近隣の店舗の方や紹介で、今では倍の16店舗になりました。普段も頑張っている各店舗ですが、この「ついついひらの」の日はその日だけの特別な商品ということで、さらに力が入ります。本当は毎日出したいけれど手がかかりすぎて出来ないものや、懐かしの人気商品をもう一度、お客様のリクエストなど(あっ!ガレットの場合は、私が食べたいものも!(笑))一か月半前にメニューを決めて、ちらし作り、そして、試作、ついたちの本番!毎月、このついたちを中心に回っています。そんな「ついついひらの」ですが、ついたちに、たくさんの袋を手にして、ニコニコで来てくださるお客様とのおしゃべりにとても元気をもらっています!それから私も“ついひら”めぐり♪楽しんでます!(ごはん、作らなくていいし!)これからも100回、150回・・・・とずっと続けていけるように頑張りますので、応援して下ださいね!!
「編集後記」
私たちの間ではこの「ついついひらの」のことを「ついつい」って呼んでいました。お客様から「ついひら」って言われて、“キムタク”みたいでかっこいい!そして、新たに「つい活!」。もう、皆さんに愛して頂いて、本当にうれしいです♡「こんなのやって~」みたいなものがあれば、各店舗へどしどしご意見ください(^^)/これからも平野の皆さんが喜んでいただけること、たくさん実践していきます!お楽しみに~(*^-^*)

[PR]
by galette1 | 2018-08-10 17:38 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)

ガレット通信 VOL.4「平野郷なつまつり」

d0053129_14301983.jpg
「夏まつり」
こんにちは!ガレットの販売責任者・スマイルメッセンジャーの久保正子です。7月に入り、いよいよ夏本番。しっかり食べて寝て、暑さに負けずに楽しい夏を過ごしましょう! さて、7月と言えば…、そうです!ここ平野では「杭全神社平野郷夏まつり」が開催されます。赤ちゃんからお年寄りまで町中が楽しんでいる“だんじり祭り”。江戸時代から300年続くこのお祭りを少し紐解いてみましょう!なんと始まりは平安時代。坂上田村麿の子、廣野麿が祇園社を創建し、悪疫や天災を鎮めるために祇園会が始まったそうです。次第に祭礼として形を整え賑わいを見せるようになり、江戸時代中期に神輿、布団太鼓、だんじりを出し物とする現在の形になったそうです。(杭全神社HPより)毎年7月11日から14日までの4日間行われる夏まつり!11日は神輿と太鼓台の足洗神事、12日は南港通りに九町のだんじりが全て揃う九町合同曳行、13日は各町だんじりの宮入、14日は神輿と太鼓台の宮入があります。毎年30万人を超える人で賑わう「杭全神社平野郷夏まつり」。今年もご安全によいお祭りになりますように!
 そして、ガレットの軒先には前日から5日間、毎年「御神灯」が吊るされます。御神燈は、ご先祖様に迷わず帰って来ていただく為の道標なのです。夜になると御神灯に灯りが点りなんとも風情があります。御神灯の似合うケーキ屋さん!インスタ映えまちがえなし(笑)。また、ガレットの代表窯番の久保徹也は「赤提灯」という世話役を仰せつかっております。毎年「たいへん、たいへん!」と言いながら、打ち合わせをしている世話人さんたちは、みんな嬉しそう(*^-^*)。ガレットにはこの時期、いつもにも増してニコニコしている大人たちが集まってきます。お祭り本番はお店は私たちガールズがお店番してます(^^)/ 涼みに来てくださいね~(^_-)-☆
 
「編集後記」
7月31日と8月1日の二日間は「三十歩子供まつり」があります!将来の平野のお祭りをしょって立つ子供たち。どんなに小さな子でも、お兄さんたちのように、かっこよく法被を着こなして、うちわを持って「よい~よい~」と踊る姿はたまらなくかわいい♡です。 さあ、みなさん夏が来ましたよ!熱中症にはくれぐれも気を付けて、夏の思い出たくさん作りましょう~(^^)/

[PR]
by galette1 | 2018-07-08 14:34 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)

ガレット通信 VOL.3「ロゴマーク」

d0053129_20412122.jpg
「ロゴマーク」
 こんにちは!ガレットの販売責任者スマイルメッセンジャーの久保正子です。ガレット通信も早、第3号となりました。皆さんも4月からの新生活にもそろそろ慣れてきた頃でしょうか?!梅雨のうっとうしさに負けずに、気分はさわやかにまいりましょう!
 さて、今月はガレットのロゴマークについて、お話ししたいと思います(*^^*) 紺色をバックにしゅっとしてる(笑) ガレットのロゴ。14年前の開店当初からのものです。もう覚えてくださっている方も多いかと思います!当時某大手銀行のキャッシュカードのデザインなんかも手掛けていらしたデザイナーさんを友人から紹介していただき、50くらいの案の中からこのロゴを決めました。紺色は、またまたチーフの一番好きな色。コンセプトカラーになります。ガレットといえば、紺色!「紺色のケーキ屋さん(^^♪)」と覚えてくださったお客様も多かったです。そして、宙に浮かぶメロンパン!じゃなくて“ガレット”マーク。この、ガレットマークも私たち、とても気に入っていて、ショップカードや名刺はもちろん、ポイントカードのハンコになったり、紙袋に大きく印刷したりと大活躍しています。そしてここからが本題。ロゴマークをよーく見てくださいね!右下に「HIRANO」と入っています。「支店があるんですか?」と尋ねられたこともありましたが、そうではありません。“ひらの”生まれ“ひらの”育ちのチーフが“ひらの”にこだわり“ひらの”のケーキ屋さんとして“ひらの”から発信したくて入れてもらったものなんです。“ひらの”の人に自慢してもらえるお店になれるように、という願いがこもっています!次にロゴマークを見るときは、右下のちっちゃい「HIRANO」の文字に注目してあげてくださいねっ(^_-)-☆
d0053129_20474926.jpg

「編集後記」
ガレット通信第3号、いかがでしたでしょうか?!チーフのひらの愛、感じとっていただけましたか~?!昨年末におなじみの「ひらのサブレ」がお味もパッケージもリニューアルしました(^^♪お客様の「ひらののお土産作って」というご要望から生まれた「ひらのサブレ」こちらにも、ひらの愛をたっぷり詰め込みました!パッケージのイラストはこれまた「ついついひらの」でおなじみアップルの発音の奥様で平野在住イラストレーターの「つき山いくよ」さん!愛嬌のあるイラストがたまらなくかわいいのです。そして、パッケージを開くと・・・!!


[PR]
by galette1 | 2018-06-02 20:31 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)

ガレット通信 VOL.2「ガレットブルトンヌ」

ガレット通信Vol.2
d0053129_08033037.jpg

「ガレット」
こんにちは!ガレットの販売責任者スマイルメッセンジャーの久保正子です。ガレット通信創刊号では、たくさんの反響をいただき、どうもありがとうございました!

今回第2号では、パティスリーガレットの屋号にまつわる秘話をこっそり()お話します。

「ガレット」は、皆さんご存知のとおり、ちょっとお塩のきいたバターたっぷりの厚焼きクッキーです。フランスブルターニュ地方の伝統菓子「ガレット・ブルトンヌ」から、パティスリーガレットの屋号が生まれました。もちろん、このお菓子がガレットのチーフが一番好きな焼き菓子です!

実は、この「ガレット・ブルトンヌ」、とっても大変なお菓子なんです。配合の半分以上がバターで、こんな贅沢なお菓子はなかなかありません。バターが多くて何が大変って、バター不足でも確保に大変でしたが、作るときの取り扱いがとにかく大変!! 常温で置くとすぐに生地がやわらかくなってバターが溶け出してきます。そうなると型を抜くことが出来ないし、美味しさにも影響が・・・。なので、生地は冷凍庫で冷やし短時間で型を抜き、また冷蔵庫で冷やしながら卵を塗っていく。他の焼き菓子に比べるとはるかに手間のかかるお菓子です。

かれこれ14年前のオープン当初、パイローラーという生地を伸ばす機械もなく、全て手作業。作っても作っても追いつかず、ガレットなのにガレットが無い状態が続き「なんでガレットなんていう屋号にしたんだ~(涙)」なんていう苦い経験も(>_<)

それでもやっぱり、ガレットが好き。がんばって、ガレット焼いてます!

それから、もうひとつおまけ!チーフのカスタードクリームやプリン、自信作なんですが・・・。これらのお菓子に入れる黒いつぶつぶ、甘~い香りの「バニラビーンズ」。実は、屋号の候補にこの「バニラビーンズ」もあがっていました。今、このバニラビーンズが悪天候による不作続きで採れなくなるかも!と言われています。バニラビーンズという屋号にしなくてよかったなぁ・・・と。

「編集後記」

 ガレット通信第2号、いかがでしたでしょうか?!2004年のオープン当時が昨日のことのように思い出されます。今ではすっかり当たり前のように、みなさんに「ガレットさん」って呼んでいただいて、とってもとっても嬉しいです。今後もみなさんと一緒に歩んできた14年間のこと、いろいろお話できたらと思っています。来月号も、どうぞお楽しみに


[PR]
by galette1 | 2018-05-10 20:46 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)

ガレット通信 VOL.1「創刊号!」

ガレット通信Vol.1



「創刊号!」
 こんにちは!いつもガレットをお引き立ていただきまして、ありがとうございます。ガレットの販売責任者スマイルメッセンジャー(*^-^*)の久保正子です。ガレットのお客様にもっともっとガレットのことを知っていただきたいなっ!と思い今月より「ガレット通信」を発行させていただくことになりました!ガレットの日常やスタッフ、新商品やお菓子作り、私のひとり言などなど、発信させていただこうと思っています。お時間のある時にでも、お読みいただけたら嬉しいです♥よろしくおねがいします。
さて、記念すべき第一号は、「パティスリーガレット」のチーフ久保徹也がどのようにしてお菓子の道に入ったかを紹介します。チーフがお菓子の世界に入ったのは、業界的には非常に遅い26歳の時です。そこにはどんなストーリーがあるのでしょうか?
チーフは学生時代、お菓子屋への思いが募り、洋菓子店を経営されていた知人に「お菓子屋になりたい。修行させて欲しい!」とお願いした事がありました。しかし、「まずは大学を卒業して、その時にもう一度考えなさい」とアドバイスを頂いたそうです。そして、そのまま時代の流れに乗り卒業、就職をしサラリーマンになりました。大学で原子炉工学を専攻していたので、プラントエンジニアリング会社で発電所の設計につきました。休日毎に家でいろいろなお菓子を作っては会社へ持っていき同僚に食べてもらっていたそうです。ある時「久保くんお菓子屋さんになれるんちがう?」との言葉。お菓子屋への夢を諦められずにくすぶっていた気持ちを「よっしゃ~!やるで~!」と後押ししてくれたのでした。そして後先も考えずに退職届を出したのでした。ちなみに数年後その方がご来店下さりお菓子を食べて一言「久保くん、ケーキ作るの上手になったね!」・・・(笑)  お世辞にしろ何にしろ、その時の言葉が今のガレットにつながっているのは間違いありません。 Vol.2に続く

「編集後記」

 いかがでしたか?「ガレット通信 Vol.1」みなさんとお店を繋いで毎月発行していきたいと思います。次号をお楽しみに。
スマイルメッセンジャー 久保正子

[PR]
by galette1 | 2018-04-05 20:49 | ガレット通信 | Trackback | Comments(0)